牧島かれん トップページ >> 政策提言

衆議院議員 神奈川17区衆議院小選挙区 支部長 牧島かれん 政策提言

ぐっと前進させたい、私の4つのトピック。

    プロフィール

  • 1976年11月1日生まれ(38歳) 横浜雙葉高等学校卒業し、国際基督教大学(ICU)卒業。
    渡米し、米国ジョージワシントン大学にて修士号取得。大学で教鞭を執りながら 学術博士号取得(Ph.D・行政学)
  • 2009年の衆議院選挙にて落選を経験するも皆様に支えられ、2012年、初当選を果たす
    財務金融委員会委員、議院運営委員会委員

    女性活躍推進本部(外交と国際貢献PT)事務局長、国際保健医療戦略特命委員会事務局長、首都圏整備特別委員会事務局次長、宇宙総合戦略小委員会事務局次長、クールジャパン戦略推進特命委員会幹事など
    党・青年局・女性局・国際局・広報戦略局次長
    議員連盟:全国温泉振興議員連盟、二宮尊徳思想研究会、人口減少対策議員連盟などの事務局

① 実感できる経済成長にする

まずは何よりも力を入れなければならないのは経済対策です。「本当に景気は良くなったの?」という声もありますが、インフレ率(2012年平均:▲0.1%⇒2014年9月:1.0%)も、企業の収益(2012上半期:14.5兆円⇒2014年上半期:23.3兆円)も、数値は少しずつ出てきました。あとは、所得として一人ひとりに届くように、この循環を維持していかなければなりません。

例えば、自民党政権の2年間を、2012年7-9月期と2014年7-9月期で比較してみると…
業況判断D.I.:▲6⇒+4 / 雇用者所得:+0.0%⇒+3.2% / 有効求人倍率:0.82倍⇒1.09倍(22年ぶりの回復)

日本の経済を支える中小企業。失業率はほぼ完全雇用に近い水準へ低下しましたが、まだまだです。新しいことに挑戦し、一生懸命頑張る人が報われる社会にしなければなりません。例えば、イノベーションが生まれる環境を整え、多様な働き方を進めていきます。仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を推進することで、人口減少対策へも繋がっていくはずです。

また、ものづくり大国日本復活へ向けて、議員立法で「日本版マイスター制度」の準備を進めています。日本の職人たちが持つ高い技術を第二次産業や工業などへ広げ“稼げる”仕組みづくりと、人材育成に取り組みます。

② 子育てへの環境を整備する

厚生労働省の発表(2014年4月時点)によると、保育所入所待機児童数は21,371人で、前年と比較し1,370人減少しました。保育所定員も一年間で47,000人増加。子育て支援の拡充によって女性の就業が50万人拡大します。

子育て環境の拠点拡大と人員配置、質の向上をはかります。幼稚園や保育園の整備はもちろん、幼児教育の無償化も検討中です。特に少子高齢化の観点からも三世代同居・近居の優遇措置等は何としても進めていきたい課題です。 また里親里子制度についても現在研究を続けているところです。

③ 農林水産業と観光を結び付け、新たな発信を

ついに、外国人旅行者数の1000万人超えを達成しました。平成26年7-9月期の訪日外国人一人当たりの旅行支出は158,257円。前年同期(140,442円)比12.7%増加。(観光庁2014.10.31発表)15万円代は調査開始以来、最高値を記録しました。

2020年のオリンピックパラリンピックへ向け、防災やインフラ整備も進めていきます。

観光の新たな柱の一つであるアグリツーリズムの充実を目指します。「地産地消」から「地産地食」へ。特に海・川・山に恵まれた県西地域で当り前のように享受している自然の恵みを「財」にしなければもったいない!温泉+漢方+ジビエ料理のコラボレーションで未病を治す発信基地の整備も実現させたいと考えています。

④ 世界に尊敬される日本へ

アラブの春、チュニジアの大統領が私にお話しくださった「日本から輸入したいもの」は「日本人の勤勉さ」でした。アメリカの日系人との会議で訪れたロサンゼルスのリトル・トーキョーには「二宮金次郎」の銅像がありました。
また、エボラ出血熱の対応もリベリアの大使と相談しながら、担当者として提言書をとりまとめ、政府への要請を行いました。

医療や高齢化社会への対応など、日本が国際社会でリードすべき課題はたくさんあります。世界保健統計2014によると、新生児、乳児ともに死亡率が高い国はシエラレオネで、1000人出産当たり新生児は50人、乳児は117人亡くなっています(日本は新生児:1人、乳幼児2人)。
望まない妊娠や危険な出産が無くなっていません。
日本への期待に応えていきたいと思っています。

  • 雪害対策に特別交付税確保
  • 湘南海岸の国直轄事業化決定
  • 新東名高速道路、スマートインターチェンジ、246バイパス着手
  • 小田原城デジタル掛け軸予算確保
  • 未病を治す拠点づくり
  • 危機管理のための富士山の防災研究会発足
  • 鳥獣被害対策(わな猟資格取得)
牧島かれん